Membrana / メンブラーナ

Membrana / メンブラーナ
空気のような着心地のドライビングシャツ

Membranaの最大の特徴はニット生地ならではのフィット感と、動体裁断&動体縫製による可動域の広さ。腕を上げた時も自然に身体にフィットしながら裾もずりあがりません。クルマから降り立った時に、もたつきたくありませんよね。

- 動作にあわせた「動体裁断&動体縫製」

関節が自然に曲がった胎児の姿勢を元にした動体裁断&動体縫製は、ドライビングポジションにも近くストレスを感じることなく自然な動きをとることができます。

Membrana / メンブラーナ

動体裁断のシャツは、手首から脇まで身体に沿う側面部分がひとつに繋がったパターンで裁断されています。両腕をあげても引きつる感覚が無く、一般的なシャツと比べて裾があがる幅が少ないのでお腹や背中が丸見えなんてこともありません。

Membrana / メンブラーナ

長時間同じ姿勢をとる運転中は、知らず知らずのうちに身体にストレスがかかるもの。Membranaのシャツなら首や肩への負担を最小限に抑えてくれます。着用してシートに座れば、きっとその違いに気づくはずです。

Membrana / メンブラーナ

シャツを着た時に背中から首のラインに沿うように、襟の角度は少し外側に寝かせた角度で仕立てられています。首のうしろで生地がたるまず、首から肩にかけてもすっきりとしたラインが生まれます。

Membrana / メンブラーナ

ニット生地のやわらかな肌ざわりを損ねないように、内側も縫い目を切りっぱなしで終えること無く縫いとめるなど、大量生産のシャツと比べて約3倍の工程を経て仕上げられています。

- ニット専業メーカーのこだわり

Membranaを手がける丸和繊維工業は、1956年創業のニット専業メーカー。メリヤスの肌着製造から始まった老舗ならではの「着心地」へのこだわりがあります。

通常1インチの間に12〜14本の糸を編み込むと「目が細かい」と言われるニット生地。Membranaのシャツに使うニットでは通常の3倍となる36本もの細い糸を編み、まるで空気のような心地よさで優しく肌に触れるニットを実現しています。

Membrana / メンブラーナ

ゆるやかなカーブを描く裾は、一般的にシャツに使われる伸縮性の低い布帛(ふはく)でも縫製が難しい部分。高い縫製技術によって、裾も三ツ巻縫で丁寧に仕上げられているのでタックアウトしてカジュアルにも着こなせます。

緻密なニット生地は、ノーアイロンで着てもシワが目立ちにくいのも特徴。そしてスリムに引き締まって見えて、動きやすい。Membranaはニットの特性を知り尽くしたニット専業メーカーが「着心地」を追求した究極のシャツなのです。

Membrana / メンブラーナ

【ロイヤルピケ】
ロイヤルピケは究極のドレス感を持つオリジナルニット生地。ニットならではの柔らかい肌ざわりをそのままに、ハリとツヤがあるのでビジネススタイルにも最適。肌ざわりがやさしい綿と汗を素早く吸収・発散してくれるCOOLMAXで編み上げた、オールシーズン快適な着心地です。

【ミニストライプ】
ニット生地でストライプをきれいに表現するのは難しい技術。通常の3倍細かく編み込むことで、今までのニットでは表現できなかったドレス感のあるストライプに仕上げると同時に、柔らかな着心地も実現しています。

【ニットデニム】
ニット生地ならではの柔らかい肌ざわりと、程よいカジュアル感が絶妙なバランスのニットデニム。裾も丁寧に仕上げられているので、タックアウトしてカジュアルに着こなせます。

【花小紋】
細かな花柄が目を引く花小紋。Membranaならではのフィット感でカジュアルな印象になりすぎず、個性的なスタイルを楽しめます。

【オモテカノコ】
表面に凹凸があり汗が残りにくいので、ドライでさらっと快適な着心地の鹿の子編み。緻密なニット生地だからこそできる、細かな鹿の子で上品な仕上がりです。

【ニットネル】
ふわっと軽くてあたたかいニットネル。動体裁断&動体縫製のならではの着心地で、着ぶくれしやすい季節も快適にスマートに過ごせます。無地のニットタイなどと合わせたスタイルにも合う一枚。

page top